毎日毎日仕事をしていると、ストレスや疲労がたまっていきますよね。特に、休み明けの出勤日は憂鬱になります。仕事に行きたくないと感じる理由や原因かを見ていきましょう。

 

【1】人間関係がうまくいっていない

仕事をしていく上で人と関わっていくことは避けては通れません。上司に恵まれなかったり、同僚との関係が上手くいかなかったりすると、それだけでもストレスを感じます。特に同僚は仕事を一緒に頑張り切磋琢磨していくメンバーでもあるでしょうから、同僚とはうまく人間関係を築いていきたいですよね。

 

実際に人間関係がうまくいかなくて転職する人も少なくありません。仕事をしていく上で、支え合うための人間関係の構築は、業務と同じくらい重要なことともいえます。

 

【2】業務が自分に向いてない

 

配属になった部署の仕事が向いてかなかったり、任された仕事が苦手な分野だった場合、仕事をするのが嫌になって、仕事に行きたくなくなりますよね。みんながみんな、今やっている仕事が自分にあった仕事とは限らない事は分かっているのですが、毎日していく仕事が自分に合ってないととても憂鬱になります。

 

向き不向きというのは、誰にでもあることです。向いてないことや苦手なことに取り組むのはストレスがたまっていきますよね。

 

【3】前日にミスをして上司に怒られたり、周りに迷惑をかけた時

自分のミスで上司に怒られたり、周りに迷惑をかけると気まずい雰囲気になり、仕事に行きたくないと憂鬱になりますよね。挨拶をするだけでも相手の機嫌を伺い、勇気を出して一言発することに疲れます。

 

切り替えが大切とわかっていてもできない人も少なくないはずです。一度勇気を出して、相手との会話が取れれば楽なのですが、相手が不機嫌なままだとどうしようと思ってしまいます。気まずい雰囲気って誰もが苦手ですよね。

 

【4】プライベートでつらいことがあった翌日な出勤

プライベートで恋人と喧嘩をしたり、失恋をしたりなどつらいことがあった翌日は何も考えたくなくて仕事に行きたくないと感じます。辛いことにエネルギーを使い、仕事に対してモチベーションも上がらず、やる気が出ませんよね。

 

こんな時は家でボーとしたいと感じませんか。辛いことがあっても次の日には仕事という現実が待っていることに嫌気がさし、仕事に行きたくありません。

 

【5】任された仕事が間に合わなかった時

納期までに仕事が終わらなかったり、抱えた目標が達成できないとプレッシャーから現実逃避をしたくなり、仕事に行きたくなくなります。怒られることがわかっていると行きたくありませんよね。またその仕事が責任が重たいと尚更です。仕事配分は何年働いても難しいですよね。